読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ハルヒル下山コース参加

今日はハルヒル下山コース5.4kmを登るという新しい体験をしました。

 

花粉症がひどすぎて鼻と喉が痛くてコンディションは最悪。

ヒルクライムを何度もして、毎回思いますが、ペース配分は大切だと思いました。

短めに反省点をのせます。

 

①スタートは飛ばしすぎたこと。

 

②後半に入るまで乳酸がたまっていた。

 

③まだ体重がある。

 

 

反省点に対しての解決策

 

①周りが速くても合わせない。

 

一定のペースで走り続ける。

 

③脂肪で減量をする。

 

今回の参加をしたレースは、楽しんだ者勝ちだと感じました。

 

こんな解決策なんて誰が見ても当たり前だと思います

振りかえらないと僕は忘れます。

 

書いて満足せず、振り返って忘れないことが大切。だと思いました。

まるで、弱虫ペダルの手嶋さんみたいです、努力の男なので(笑)

僕はスプリンターですが…どんなことでも努力あるのみ。

今回はここまでです。

 

後は、余談になります。

知らない方の為に言いますが、サイクリストの多くの方に体格がいいといわれますが

最初からあったわけではありません。

自分の体に自信がつくまで、7年の歳月があります。

前にもちょろっと載せましたが、体力がない時はトレーニングは必死そのもの

ランはついていけない、基本の自重トレもできない、体も細い。

そんな感じでした。なので何回悔しくて泣いていたか分かりません。

人が変わるというのは簡単ではないのだなと体力のない当時思っていました。

1年半が経った頃から体力がついたと実感してそこから徐々に体が変化してゆきます。

 

また今度、どんなトレーニングをしてきたか載せたいと考えています。

 

閲覧ありがとうございました。